仕事の悩みはカウンセリングで癒す

看護師という仕事は、夜勤などの不規則な生活、人の病状や生死に関わることや、人間関係などもあり、悩みが多い職業の一つと言えます。悩みからくるストレスで、体調を崩したりする人も少なくないでしょう。看護師はどうストレスと向き合えばいいのでしょうか。

方法の一つにカウンセリングがあります。現在ほとんどの職場ではストレスチェックが行われ、ストレスを抱えている人には、産業医や臨床心理士がカウンセリングを行うことがあります。またそのような制度が職場になくても、精神科へ受診し、そこの臨床心理士からカウンセリングを受けることも可能です。大切なのは、ストレスを一人で抱え込まず、どこかで発散できるようにすることです。特に人に話を聞いてもらうだけで癒される人は多いようです。同僚や職場の人たちに話せる場合は出来るだけ自分から話をして、相談していくことがお勧めです。

しかし周囲に聞かれたくない悩みを抱え込んでいる人も多いでしょう。そんな時には、やはり臨床心理士による相談が適しています。看護師のストレスは、実は人間関係に関することが一番多いとされているため、周囲にも相談しにくいことが多いかもしれません。そんな時にも、頼れるのが産業医や臨床心理士です。どのように人間関係を乗り切り、ストレスのないように仕事をして行けるかを一緒に考えてもらったり、アドバイスがもらえることもあるでしょう。常に自分のケアをしながら、看護師という仕事を全うすることが大切になってきます。

カウンセリング前に、自分の悩みを理解しておくことも大切です。様々な職種でよく挙がる悩みがこちらに記されているので、気になる方はチェックしてみてください。